食品OEMコム  



TOPICS
  グローバルI / 「スタンディングパウチの世界市場」調査レポートを販売開始
 2015年8月24日

       グローバルインフォメーションは市場調査レポート「スタンディングパウチの世界市場の動向と予測 〜2020年:種類別(無菌充填用、標準型、レトルト用)・形状別・用途別・地域別」(MarketsandMarkets発行)の販売をこのほど開始した。

 スタンディングパウチは形状・サイズを自由に変更でき、衛生管理が徹底でき、さらに機能の追加もできることから、様々な産業で活用が進んでいる。世界市場の規模は2020年には334億米ドルに達すると予想されている。主な用途は食品・飲料用包装だが、医療、パーソナルケア用品/家庭用品、その他の非飲食市場(肥料・ペイント・コーティングなど)でも利用が広がっている。スタンディングパウチ産業では製品開発には巨大な施設と巨額の費用が必要なため、新規参入が難しい状態にある。その代わり、新製品の開発や事業拡張が主な競争戦略となっている。

 当レポートでは、全世界のスタンディングパウチの市場について分析し、市場の基本的構造や最新動向、主な市場促進・阻害要因、市場規模の動向見通し(今後6年間分)、種類別・形状別・用途別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、今後の技術開発・市場発展の方向性、主要企業のプロファイルなどを調査・考察している。

 プレスリリースは こちら
 当レポートの詳細目次は こちら
 グローバルインフォメーションのホームページは こちら
   

 


HOME