食品OEMコム  



TOPICS
  グローバルI / 「レトルト包装の世界市場」調査レポートを販売開始
 2015年9月10日

       グローバルインフォメーションは市場調査レポート「レトルト包装の世界市場2020年:種類別(パウチ、トレイ、カートン)・素材別・最終用途別の将来予測」(MarketsandMarkets発行)の販売をこのほど開始した。

 世界のレトルト包装市場は、2015〜2020年に6.7%の年平均成長率で成長すると推計。また、2020年の世界市場の規模は411億米ドルに達する見通し。近年の技術革新により様々な形状のパッケージングが可能となったことや、取扱いが便利な包装形態に対する消費者の需要が拡大したこと、新興国市場での可処分所得の増大などが、レトルト包装市場の成長を促している。地域別ではアジア太平洋地域の市場シェアが最も大きく、また最終用途別では食品・飲料向けが最大となっている。

 当レポートでは、世界のレトルト包装(レトルト・パッケージング)の市場について分析し、製品の概要や市場の最新動向、主な市場促進・阻害要因、市場規模の動向見通し(今後6年間分)、種類別・素材別・エンドユース別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、今後の技術開発・市場発展の方向性、主要企業のプロファイルなどを調査・考察している。

 プレスリリースは こちら
 当レポートの詳細目次は こちら
 グローバルインフォメーションのホームページは こちら
   

 


HOME